ワシントン大学の社会学の教授たちが出した論文では、(アメリカの)離婚率は年に2回ピークになるらしく、それが3月と8月。(確かにグラフを見るとバットマンのようだ…)

これら先生たちの仮説は(まあ、言われてみれば当然のことなんですが…)、基本、クリスマスなど、家族と一緒にる時期は、家族が大切を感じたり、独りになりたくなかったりして、離婚しましょう!とはならないとの事。

また、この時期は、離婚するかどうかの決め手にもなる時期らしく、このホリデーの時期に、カップルとして成功するかどうかも、やがての離婚をする理由の一つになってしまうらしい…(恐るべし、ホリデー…)

逆に3月や8月に多いのは、季節の節目で、身元の整理もしたがる時期らしく、3月は冬が終わり、一通りの家族の行事が終わった時。また、8月は夏休みの家族旅行などが終わり、新学期の学校が始まる時で、それぞれ絶好の「離婚日和」になってしまうよう…

そういえば、昔、別れるエチケットとして、バレンタインの前は絶対にダメで、無理してもバレンタインは一緒にいて、その後に別れるべきだと聞いた気もする…

しかし、ここまで顕著にデータが出るとは面白い…

仮説が合っているかどうかは別にしても、3月と8月に多いのは事実ですからね…

とりあえず、この時期は気をつけた方が良さそうです!

 

Divorce1

↓元記事です…
http://www.washington.edu/news/2016/08/21/is-divorce-seasonal-uw-research-shows-biannual-spike-in-divorce-filings/

Related Posts


アメリカで合法に家を盗む方法!

Posted by Mas

squatterという言葉はご存知でしょうか? squatterとは、所有権を得ようとして、所有者のない新開拓地に定住する人たちのことを指す言葉ですが、最近は、人の住んでいない、または留守中の家に、勝手には入り込み、住み始めてしまう、主には不法占拠者のことを指します。(日本でも、スコッターという言葉で呼ばれているそうです。) これはもともと、アメリカ独立戦争後、国内で公有地法が制定されると、西部公有地の民間への払下げの方法や、最低値段がきちんと定められ、それを買う余裕のない開拓民が、勝手に公有地に入り込み居座り「squatter(無断居住者)」と呼ばれるようになったのですが、(西部の無法地帯というかなんというか…)やがて彼らは、結束して、既成事実を盾に、安く土地を払い下げるように政府に要求したのが発端で、彼らの圧力により、政府は土地を無償で自営農民に払い下げるということになり、有名な自営農地法が成立します。(これは、西部開拓史においては、土地投機欲が、つねに人々を西部へと駆り立てる大きなエネルギーになっていたので、西部発達においては、不可欠な法律でもあったことは事実です。) ただ、その関係で、この時いわゆるsquatter法という法律が生まれたのですが、この昔からの法律を盾に、現在、アメリカの各地で、合法的に家を盗もうとしている人たちがいるようです。 この法律は州によって、その内容が異なってくるのですが、カリフォルニアでは、その家の固定資産税を5年以上払ったりすると、所有権がもらえるようになるそうです。 ですから、例えば、音信不通の年老いた両親の家に、何者かが勝手に住み始め、無償で住まわせてもらったお礼に、固定資産税を払いますよ!なんて言われて、何も考えずに5年間払ってもらった場合、その5年後、家と土地の権利を奪われてしまうということもありえるわけです。(70年代に買った家の固定資産税なんて、1年に1000ドル/12万円程度なので、それを5回払っただけで、現在の価値で70万ドル/約1億円の家を騙し取ることが、合法的に可能になるわけです。) リーマン・ショック後、多くの家が空き家になったのですが、住むところがない人が、 勝手にその家に入り住み始めてしまい、明らかに偽装した借家の契約書を使って、勝手に電気や水道をつないでしまうと、30日を過ぎてしまった段階で、その場所への居住権を所得したことになり、裁判所で判決が出るまで、その人たちを追い出すこともできなくなるそうです。(警察も手が出せなくなるそうです。) 下手をすると長期のバケーションから帰って来ると、誰かが自分の家に住んでいて、鍵も全て変えられて、自分の住む所が無くなってしまうというケースもあるようです。 30日を超えると、法律で自動的に居住権が認められてしまうので、そうなると、裁判所に苦情を出し、法廷からの判決が出るまで、たとえ違法侵入だとしても、追い出すことができず、下手をすると、その裁判が終わるまで何ヶ月〜数年かかる場合もあり、それだけで費用も数千ドルかかってしまうとか… […]

See More

この人たちが友達だと、お金持ちになれない…

Posted by Mas

作家、トーマス・コーリーさん(Thomas C. Corley)が、5年間、自力でお金持ちになった人たちの、毎日の習慣を調査した結果、こうした成功したお金持ちの人たちが共通で、絶対に避ようとする人たちがいることが分かったそうです。 彼の5年間の調査で調べた約86%の成功者が、習慣として、成功を目指しているポジティグで楽観的な人たちと友達になるらしく、ネガティブで悲観的な人たちとは、できるだけ関わらないようにしているとのことです。 つまり、コーリー氏によると、ネガティブな友達が大勢いると、その人がいくら成功を目指して頑張っても、知らないうちに、足を引っ張られるってこと? で、もしそんな悲観的な友達を縁を切れば、大金持ちになれるってこと?? 言われてみれば、当たり前のような話かもしれないですが、キーなのは、そうしようと意識して頑張るのではなく、それが習慣としてなっている人なんだよねぇ…(簡単に思えても、それが意外と大変なのかもしれないですなぁ…) よく考えてみれば、結構、僕の友達では悲観的な人が大勢いるかも…(年中楽観的な人より、ネガティブな人の方が正直面白んだよねぇ〜、実は…) ただ、超お金持ちになれるんだったら、思いっきり縁を切っちゃう?(う〜ん…)   これと同じような話が1937年にナポレオン・ヒルという人が、出版した本でも言われているらしく、その中では、自力でお金持ちになった500人に調査をしたところ、成功した人は皆、自然にまた習慣的に、同じような考えを持っている人たちとしか関わらないようにしているとのこと… […]

See More

失礼な人に、ここぞの一言!

Posted by Mas

アメリカの空港を使ったことのある人なら、誰でも知っているTSA… Transportation Security Administrationのことで、2001年の11月に 9/11のテロの後に、緊急に作られた、空港などのアメリカの交通機関の安全を守る人たちのこと。 ろくに訓練もせず雇われた人たちばかりで、今でもそう改善はしてないのだが、2001年当初は、本当に失礼な人たちばかりで、空港の利用客をまるで囚人のような扱いで、話す言葉もすべて命令口調だった。 この前も、ロサンゼルスの空港でTSAを通ろうとしていた時、X線のところにいた黒人の女性が本当にひどい命令口調で、まるでナチスのゲシュタポのように、利用客に怒鳴っていて、年老いた女性にまで酷い言い方だったので、我慢できず、 「You know…  You […]

See More