今年の1月に極寒のシカゴで撮影をしていた時のこと…

シカゴ市内のホテルが異常に高く、恒例のAirbnbで家1軒を借りたのですが、この家の近くにあったドラッグストアでは、安い普通のシャンプー鍵付きのケースに収納されていて、これを買うには、店員さんを呼んで、ここを開けてもらう必要がありました。(な、なんで??)

 

で、こんなシャンプーより俄然値段も高い、育毛のRogaineは、普通にケースの外に置かれているのに!!!

 

鍵を開けてもらうのに、店員さんに、なんでこのシャンプーだけ鍵付きのケースに入っているの?って訊いてみたところ(1ボトル、たったの$3ドル程度なのに…)、ななんと、これが、このお店ではかなり頻繁に万引きにあっているらしく、その理由は、万引きしたこのシャンプーを路上で買う客が、値段の高いRogaineよりも圧倒的に多いらしい。

 

路上で、訳の分からない人からシャンプー買うか??(←買うらしいです…)

それはそれで、怖い… さすがシカゴ人!!!

 

で、この他にもボディーソープとかも頻繁に万引きされるので、鍵付きのケースに入っているらしいです。

これはさすがに僕もカルチャーショックでした…(今までどこでも見た事なかったし…)

12400463_10153487108808978_1916737922809038084_n

Related Posts


1パック$18のイチゴ、「とちおとめ」を試してみた…

Posted by Mas

先日、ロスの日系スーパーで、栃木産のイチゴ、「とちおとめ」が売られているのを発見した。日本の果物がアメリカで売られているんだぁ〜っと思い、オバサンのようなボクは(←ご存知のように…)、近くにいた店員の人を捕まえて、訊いてみたところ、特別な空輸で、現地からアメリカへ輸入したとの事…(すごい…) 小粒のイチゴ18個で$18ドル(正確には$17.99)は高いかなぁ〜っと思いながらも(先日、近所のスーパーで2パック$3のイチゴを買ったばかりだったので…)、まあ、ケーキを一つ買うのと同じか!っと、妙な言い訳を考えながら、ついつい買ってしまった。 なにより、以前から「日本のイチゴは美味しい!」と豪語していたので、それを証明したかったというのもあったのですが…(←まあ、これが一番の理由ですな…) で、そのお味は!!! う〜ん… それほど美味しくない…(っていうか、普通…) 今年のカリフォルニアは(それほどではないですが…)一応雨が多かったということもあり、カルフォルニアのイチゴもなかなか例年よりは甘いのですが、先日買った2パック$3ドルのイチゴの方が、全然甘くて美味しかった… 「とちおとめ」の方が、若干イチゴの香りは強く、大きさもほぼ均等なので、高級感はあるのかもしれませんが、大きさが均等の方が、逆に遺伝操作とか俄然されていそうで、なんかとっても機械的な味がするんですよねぇ〜… もしかしたら、もう身体が完全にアメリカ化して、日本の微妙の味が分からなくなってしまったのかもしれませんが…(←その線、濃厚…) 日本のケーキは、味が全然しなくなりましたし…(そんなもんです!) […]

See More

マジンガーZ vs キューティー・ハニー

Posted by Mas

先日買った完全版DVDのキューティー・ハニーに続き、オーダーをしていたマジンガーZのDVDも、やっと届いた。(やったぁ〜) キューティー・ハニーとは違い、さすが、92話と2年にもおよぶ放送をしていたマジンガーZは、アニメの質も、台本(ストーリー性)も、俄然素晴らしい… (ちょびっと感動… ウルウル…←昭和の表現!) 特に第1話で説明する光子力と、超合金Zの話は、思わず納得してしまうくらい、説得力があるねぇ〜。(まあ、富士山で見つかったというあたりは、若干、当時の日本の風情を感じさせますが…) 92話もあるので、当然、6枚組のDVDセットも1巻と2巻に分かれているのだが、この1巻の値段は、またまた$40ドルとは、びっくりするくらいお得!!   マジンガーZの最高視聴率は当時30%を超えていたらしく、日本以外でも放送されていたらしいのだが、スペインやイタリアでは、ななんと80%の視聴率だったらしい。(マジか?) 道理で、キューティー・ハニーのことは、日本人以外、ほとんど誰も知らなかったけど、マジンガーZは、本当、いろんな人が好きだったからねぇ〜。(全然知らないメキシコ人と、マジンガーZで盛り上がったこともあったし… ただ、キューティー・ハニーをアメリカ人の友達に教えるのは、ちょっと恥ずかしいんですよね… キャラがキャラだから…) なにしろ、スペインには、マジンガーZの像が立っているくらいだしねぇ〜。(これ本当の話!)ただ、キューティー・ハニーも、25話しかないにしても、実は、あのダ「8時だョ!全員集合」の裏番組にもかかわらず、平均視聴率が8.8%と善戦したんですよ!   しかし… 今更ですが、弓さやか役の声優さん、松島トモ子さんの、あの棒読みの声、しびれますねぇ〜。(分かる人には分かるんですよ!) […]

See More

アメリカで合法に家を盗む方法!

Posted by Mas

squatterという言葉はご存知でしょうか? squatterとは、所有権を得ようとして、所有者のない新開拓地に定住する人たちのことを指す言葉ですが、最近は、人の住んでいない、または留守中の家に、勝手には入り込み、住み始めてしまう、主には不法占拠者のことを指します。(日本でも、スコッターという言葉で呼ばれているそうです。) これはもともと、アメリカ独立戦争後、国内で公有地法が制定されると、西部公有地の民間への払下げの方法や、最低値段がきちんと定められ、それを買う余裕のない開拓民が、勝手に公有地に入り込み居座り「squatter(無断居住者)」と呼ばれるようになったのですが、(西部の無法地帯というかなんというか…)やがて彼らは、結束して、既成事実を盾に、安く土地を払い下げるように政府に要求したのが発端で、彼らの圧力により、政府は土地を無償で自営農民に払い下げるということになり、有名な自営農地法が成立します。(これは、西部開拓史においては、土地投機欲が、つねに人々を西部へと駆り立てる大きなエネルギーになっていたので、西部発達においては、不可欠な法律でもあったことは事実です。) ただ、その関係で、この時いわゆるsquatter法という法律が生まれたのですが、この昔からの法律を盾に、現在、アメリカの各地で、合法的に家を盗もうとしている人たちがいるようです。 この法律は州によって、その内容が異なってくるのですが、カリフォルニアでは、その家の固定資産税を5年以上払ったりすると、所有権がもらえるようになるそうです。 ですから、例えば、音信不通の年老いた両親の家に、何者かが勝手に住み始め、無償で住まわせてもらったお礼に、固定資産税を払いますよ!なんて言われて、何も考えずに5年間払ってもらった場合、その5年後、家と土地の権利を奪われてしまうということもありえるわけです。(70年代に買った家の固定資産税なんて、1年に1000ドル/12万円程度なので、それを5回払っただけで、現在の価値で70万ドル/約1億円の家を騙し取ることが、合法的に可能になるわけです。) リーマン・ショック後、多くの家が空き家になったのですが、住むところがない人が、 勝手にその家に入り住み始めてしまい、明らかに偽装した借家の契約書を使って、勝手に電気や水道をつないでしまうと、30日を過ぎてしまった段階で、その場所への居住権を所得したことになり、裁判所で判決が出るまで、その人たちを追い出すこともできなくなるそうです。(警察も手が出せなくなるそうです。) 下手をすると長期のバケーションから帰って来ると、誰かが自分の家に住んでいて、鍵も全て変えられて、自分の住む所が無くなってしまうというケースもあるようです。 30日を超えると、法律で自動的に居住権が認められてしまうので、そうなると、裁判所に苦情を出し、法廷からの判決が出るまで、たとえ違法侵入だとしても、追い出すことができず、下手をすると、その裁判が終わるまで何ヶ月〜数年かかる場合もあり、それだけで費用も数千ドルかかってしまうとか… […]

See More