先日買った完全版DVDのキューティー・ハニーに続き、オーダーをしていたマジンガーZのDVDも、やっと届いた。(やったぁ〜)

キューティー・ハニーとは違い、さすが、92話と2年にもおよぶ放送をしていたマジンガーZは、アニメの質も、台本(ストーリー性)も、俄然素晴らしい… (ちょびっと感動… ウルウル…←昭和の表現!)

特に第1話で説明する光子力と、超合金Zの話は、思わず納得してしまうくらい、説得力があるねぇ〜。(まあ、富士山で見つかったというあたりは、若干、当時の日本の風情を感じさせますが…)

92話もあるので、当然、6枚組のDVDセットも1巻と2巻に分かれているのだが、この1巻の値段は、またまた$40ドルとは、びっくりするくらいお得!!

 

マジンガーZの最高視聴率は当時30%を超えていたらしく、日本以外でも放送されていたらしいのだが、スペインやイタリアでは、ななんと80%の視聴率だったらしい。(マジか?)

道理で、キューティー・ハニーのことは、日本人以外、ほとんど誰も知らなかったけど、マジンガーZは、本当、いろんな人が好きだったからねぇ〜。(全然知らないメキシコ人と、マジンガーZで盛り上がったこともあったし… ただ、キューティー・ハニーをアメリカ人の友達に教えるのは、ちょっと恥ずかしいんですよね… キャラがキャラだから…)

なにしろ、スペインには、マジンガーZの像が立っているくらいだしねぇ〜。(これ本当の話!)ただ、キューティー・ハニーも、25話しかないにしても、実は、あのダ「8時だョ!全員集合」の裏番組にもかかわらず、平均視聴率が8.8%と善戦したんですよ!

 

しかし… 今更ですが、弓さやか役の声優さん、松島トモ子さんの、あの棒読みの声、しびれますねぇ〜。(分かる人には分かるんですよ!)

兜甲児に説教を焼く時の、あの無力さ!感動します… 40話から松島さんが降板してしまうのが、残念です…

 

しかも、アフロダイアAが、もっと戦闘用に改造したい案が出ると、兜甲児を含め、主要キャラが、「女のくせに!」や「女性は戦わなくていい!!」と、ずいぶんな女性差別発言の連続で、しかもそれを正当化しちゃうあたり(弓さやかが最後に、生意気なことを言ってゴメンと謝るあたり…)、当時の風潮がわかりますねぇ〜。

こんな風にアニメで教えられた子供は、変なことを覚えちゃうんじゃないか?って心配しなかったんですかね、当時の人たちは…

 

さあさあ、まだまだ15話までしか見ていないので、まだまだ全話制覇までは、遠いですなぁ… どんなカルチャーショックが待っていることやら!!(乞うご期待!)

 

↓デスクに誇らしげに並ぶDVDのセット(もうストリーミングが主で、DVDなんてほとんど買わないから、なおさら!)

IMG_3049

 

↓スペインのマジンガーZの像!

CJyMBLhW8AAp85i

Related Posts


この人たちが友達だと、お金持ちになれない…

Posted by Mas

作家、トーマス・コーリーさん(Thomas C. Corley)が、5年間、自力でお金持ちになった人たちの、毎日の習慣を調査した結果、こうした成功したお金持ちの人たちが共通で、絶対に避ようとする人たちがいることが分かったそうです。 彼の5年間の調査で調べた約86%の成功者が、習慣として、成功を目指しているポジティグで楽観的な人たちと友達になるらしく、ネガティブで悲観的な人たちとは、できるだけ関わらないようにしているとのことです。 つまり、コーリー氏によると、ネガティブな友達が大勢いると、その人がいくら成功を目指して頑張っても、知らないうちに、足を引っ張られるってこと? で、もしそんな悲観的な友達を縁を切れば、大金持ちになれるってこと?? 言われてみれば、当たり前のような話かもしれないですが、キーなのは、そうしようと意識して頑張るのではなく、それが習慣としてなっている人なんだよねぇ…(簡単に思えても、それが意外と大変なのかもしれないですなぁ…) よく考えてみれば、結構、僕の友達では悲観的な人が大勢いるかも…(年中楽観的な人より、ネガティブな人の方が正直面白んだよねぇ〜、実は…) ただ、超お金持ちになれるんだったら、思いっきり縁を切っちゃう?(う〜ん…)   これと同じような話が1937年にナポレオン・ヒルという人が、出版した本でも言われているらしく、その中では、自力でお金持ちになった500人に調査をしたところ、成功した人は皆、自然にまた習慣的に、同じような考えを持っている人たちとしか関わらないようにしているとのこと… […]

See More

失礼な人に、ここぞの一言!

Posted by Mas

アメリカの空港を使ったことのある人なら、誰でも知っているTSA… Transportation Security Administrationのことで、2001年の11月に 9/11のテロの後に、緊急に作られた、空港などのアメリカの交通機関の安全を守る人たちのこと。 ろくに訓練もせず雇われた人たちばかりで、今でもそう改善はしてないのだが、2001年当初は、本当に失礼な人たちばかりで、空港の利用客をまるで囚人のような扱いで、話す言葉もすべて命令口調だった。 この前も、ロサンゼルスの空港でTSAを通ろうとしていた時、X線のところにいた黒人の女性が本当にひどい命令口調で、まるでナチスのゲシュタポのように、利用客に怒鳴っていて、年老いた女性にまで酷い言い方だったので、我慢できず、 「You know…  You […]

See More

犬にはストレスだった?

Posted by Mas

グランピードッグズとはいえ、僕はうちの子たちに、1日何回もハグをするんですが、 実は、犬はハグされるのが大嫌いなんですと… カナダのブリティッシュ・コロンビア大学の研究によると、彼らの調査した犬の約82%が、ハグをされている時に、ある程度のストレスが出ている表情/態度が出ているとのことで、ハグされることに不安/恐怖を感じているとの事… 犬がそういう不安感を出してるサインは、その対象のものから顔を背ける、目を軽く閉じ白眼が見ている、また、耳を寝かせ後ろに傾けているなどがあるそうです。 犬たちが喜ぶのは、頭を撫でられたり、お腹を摩られたり、(当然ながら)食べ物をもらうことらしいのだが… そういえば、僕がハグすると、耳が後ろの方に傾くかも… ゲゲゲ… 本当は嫌がっているのか?? う〜ん、どうしよう… 奴らは平気で上に寝転がってくるのに!! アンフェア〜っだ!! […]

See More